Line

Message

インド第2位のIT企業インフォシス。日本での事業拡大に乗り出しています。

常に最先端技術を担い、多様性と包括的な文化を持つ100以上の国の従業員の意思を反映させたリーダーシップを取る新しい世代の会社

インド第2位のIT企業インフォシス は、2014年、独SAPのCTOだったビシャル・シッカをCEOとして迎えてから急速に変わりつつあります。例えばGEと包括パートナーシップを結び、製造業でのIoT活用の先端を研究、またゴールドマン・サックスの個人融資事業や電気自動車メーカーの自動運転なども手がけています。技術開発に熱心で、世界のIT業界でリーダー的なポジションにあります。

インフォシスの売上高は全世界で約1兆1495億円(2016年度)。特に米英などの英語圏で力を発揮していますが、日本での規模はその200分の1程度にとどまっています。しかしいま日本のIT投資には、フォローの風が吹いています。セールスの部隊を整え、インフォシスの技術力をきちんとアピールできれば、2020年までに売上高を2倍以上に伸ばすことは十分に可能と考えます。またジョイントベンチャーやM&Aといった選択肢をとれば、3倍以上にすることも可能です。インフォシスにはそのポテンシャルがあります。

インド本社ではNext Gen Tech による研修、充実した教育環境が整っており、これが高い技術力の背景にあります。本社は南部のバンガロールにあり、バンガロールには、インド理科大学院(Indian Institute of Science)など、世界レベルの大学が多数あります。インフォシスで働く社員も、そうした大学の出身者が多く、社屋も大学のような雰囲気があります。インフォシスは着実な研究開発を重ね、新卒から一貫した人材教育に強みがあります。常に最先端技術を担い、多様性と包括的な文化を持つ100以上の国の従業員の意思を反映させたリーダーシップを取る新しい世代の会社といえます。

インフォシス ジャパンは、インドの本社から「ワンカンパニー」で世界の事業を統括しており、組織やシステムも一元化されています。私も「代表」という立場ですが、日本事業は現地法人ではなく支店という立場になります。このため組織としての統合性が高く、トップとの距離も近い体制で、これまでは本社の判断を待つことが多かったようですが、支店で独自に判断できるスピードが格段に上がりました。

インフォシス経営層には圧倒的なバイタリティの強さがあります。インドの平均寿命は約68歳、人口は約13億人です。一方、日本の平均寿命が約84歳で人口は約1.26億人。インド人は、寿命が短いが、競争相手は多いので、30、40代であっても経営者として突出しようと前に出る傾向があります。 インフォシスの本社には、「プレジデント」という肩書を持つ役員が4人いるが、全員が40代前半です。そしてよく働きます。インド時間の夜中に連絡をしても、すぐに返事が返ってきます。仕事も秘書任せにせず、できる限り自分でハンドルしています。生のデータをしっかり読み込んでいるので、経営判断は非常にスピーティです。資料作りを経営企画部や財務部に任せてしまう日本の経営層とは、意識が大きく違うと感じでいます。

IT業界では4、5年前から、「ビッグデータ」「データサイエンティスト」「デジタルトランスフォーメーション」といった言葉を耳にすることが増えました。これまで、ITを使った業務改革は、マッキンゼーやBCGといった「戦略コンサル」がトップにあり、その下がPwCやデロイトなどの「総合系コンサル」、その下にNTTデータなどの「ITコンサル」があるというピラミッド構造でした。起点はつねに戦略コンサルであり、いわば「文系」の考え方でできていました。 それに対して、この5年くらいは「理系」の考え方による業務改革が増えています。

つまり新しい技術や研究成果を起点として、タスクが上がっていくようになっています。かつて理系の研究者はマーケットから乖離していると思われていましたが、いまや統計分析や人工知能の研究者が人気を集めています。理系の発想でトレーダーやアナリストに転進する人も多いです。 バンガロールに世界レベルの理系大学が集積しているように、インドの教育や研究の環境は非常に恵まれています。「理系の復権」に注目が集まるなかで、インド企業が伸びてくるのは当然でしょう。

今の日本は、人口が減るなかで、日本市場が今後大幅に成長するとは考えにくいのが現状です。ですが、技術主導によって競争の構図は変わるでしょう。すでにアマゾンの「AWS」のようにサービスのクラウド化が進んでいます。大手銀行のシステム統合のような「何万人月規模」のプロジェクトはいまが最後で、受託請負開発だけの会社はもう生き残れないでしょう。そうした変化は2020年までに起きるはずです。その時、先端的なスタートアップ企業や、インフォシスのようなアバンギャルドな外資系のIT企業が、市場シェアを大きく伸ばすことになるでしょう。