Portals

親にとって出生時の面倒なシステムを「スマート政府」がどのように堅牢なオンラインソリューションに変えたか

中東のビジネスの中心地として知られるこの国では、生まれたばかりの赤ちゃんの登録には、さまざまな政府機関を訪問して法律関係の書類を入手する必要がありましたが、それは親にとっては大変で時間のかかることでした。政府はこの経験を国家ビジョン2021の一環として変えようとしました

「スマート政府」 イニシアティブは、より低いコストにより政府から提供されるサービスを最適化することで、市民の幸福度を高めることに焦点が当てられました。Infosysはプロジェクトを主導し、複数の政府機関を連携させ、複数個所の訪問を削減することから始めた。

100日間というチャレンジングなスケジュールの中で、Infosysは堅牢で拡張性に優れ、24時間機能する単一のオンラインプロセスを実現しました。異なる国籍や文化を持つ130人の関係者、11の政府省庁、各地のアプリケーションスペシャリストを結びつけることで、ステークホルダー間に相乗効果が表れました。チームは、ビジネスプロセス、アプリケーションインフラストラクチャのセットアップ、ポータルおよびサービスの開発という3つの並行するプロジェクトに取り組みました。

これにより、50を超える同時ユーザー処理、実働8時間10万を超えるアプリケーションを処理できるソリューションが実現しました。これをたったの65日間で開発しました。

この新しいプロセスは、親のユーザー体験を驚くほど向上させただけでなく、重要な文書をシステム内でデジタル化する方法を劇的に変えた。さまざまなシステムを統合することで、顧客満足度をどのように変えることができるかを説明します。

Line

導入の効果

8

出生登録プロセスの迅速化

100000

8時間での処理可能アプリケーション数

Find out how integrating your disparate systems can transform your customer experience.